日々の出来事

開所 10月1日 古民家を活用した就労継続A型事業所

百人邑理念とジョブマインド

朝、ラジオ体操後、全員で唱和しています    季節の移り変わりを学ぶために、七十二候を表示しています。

 

完成ー全て手作り竹看板

サービス管理責任者の前田さん作の竹を活かした看板です。看板も85歳の観音さん(母)の手書きです。

GAP Japan Staffの皆さん&リタリコ就労移行事業所の皆さんとのコラボ農業体験[毎木曜日]

GAPブランド創立者の言葉 Be What’s Possible『洋服を売る以上のことをしよう』の主旨で、会社全体でボランティアをしよう(ボランティアラリー)という取り組みです。

外部アドバイザーによる繁岡さんの草刈り指導