新着情報

1月~3月 苗作り&仕上げ ミニ鳥居の作成 様々な種類の野菜や種

雪の朝、前田指導員が仕掛けた罠に鹿がかかりました。この後さばいて(ビックリ!)鹿肉にしておいしくいただきました。

 

メラメラと燃え盛るたきび。とても暖かいです。

 

屋根からは、大きなつららが何本もさがっています。見ているだけで寒そうです。小学校のころ、このつららでチャンバラごっこをして遊んだのを思い出しました。パキパキとすぐおれます。

 

大雪で雪の積もった竹坂の様子。車で通勤するのが困難なので、前日はお休みになりました。

 

苗を作るトレーに土を入れています。まるでケーキ作りのような作業です。

 

トレーの底に小さい網を入れる前田指導員。とても細かい作業です。

 

トレーに土を入れています。ならしているところがケーキのクリーム塗り作業とそっくりです。

 

これが種蒔き用のトレーです。1個につき2~4つずつ種を蒔きます。一個ずつだとすかすかになるようです。

 

人参を引き抜くスタッフ岩見さんの写真です。注意深く抜いていますが、たまに折れてしまいます。あ~ショック。 

 

原木シイタケがとれました。このあと山村指導員がお店に売りに行きます。こんな寒い時期なのによく育っています。

 

ゆきのしたの葉っぱです。てんぷらにして食べるとおいしそうです。

 

かぼちゃのたねです。大粒で数が少ないです。

 

種を蒔いたトレーに土をかけて仕上げをする前田指導員。ちゃんと発芽しますように。

 

種を蒔いたトレーを育苗機にセットします。このあと発芽させるために、シートをかけて保温します。

 

メキシカンサワー(ガーキン胡瓜)の種です。ものすごい数で種まきが大変です。

 

組み立てた鳥居を立てて見ています。

 

鳥居にする木の皮をむいています。結構大変な作業です。

 

 

鳥居の組立中です。寸法があうかな?

 

黒曜石を埋設した畑です。

 

黒曜石を埋設するためのユニックとユンボです。

 

 

堆肥の牛糞が2トン車でとどきました。牛糞を柵の中に寄せています。思ったほど臭くありません。

 

大根畑の草むしりをしています。大根の間引きも同時にしました。

 

完成した鳥居をいよいよ据え付けました。

 

 

前田指導員の最終チェックです。

 

耕運機で畑を耕す、スタッフの岩田さん。初めてにしては上出来です。

 

0

12月末 牡蠣 BBQ&餅つきー地元の方々とのふれあい

宇品の牡蠣小屋のサポートで、準備できました。

                  

さあ準備。やはり、冬はたき火が心を温かくさせてくれます。

 

スタッフ木原さんは、餅米を蒸すノウハウを所得中。 

 

スタッフ岩見さんは、牡蠣 BBQを準備中。

 

つきたての餅は最高です!

 

そろそろできあがり。この事業所は、サービス管理責任者の前田さんの『知恵』と『知識』が必見です。

 

 

子供たちは、餅米の蒸し上りを、楽しみに待っています。

 

 

さあ全員でいただきます。

食べるヒト。焼くヒト

 

名料理長の前田さん!

 

地元の方々とのふれあい。

 

理事、協力サポーターの家族の方々。

0

開所 10月1日 古民家を活用した就労継続A型事業所

百人邑理念とジョブマインド

朝、ラジオ体操後、全員で唱和しています        季節の移り変わりを学ぶために、七十二候を表示しています。


 

完成ー全て手作り竹看板

 

サービス管理責任者の前田さん作の竹を活かした看板です。看板も85歳の観音さん(母)の手書きです。

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

0

GAP Japan Staffの皆さん&リタリコ就労移行事業所の皆さんとのコラボ農業体験[毎木曜日]

 

GAPブランド創立者の言葉 Be What’s Possible『洋服を売る以上のことをしよう』の主旨で、会社全体でボランティアをしよう(ボランティアラリー)という取り組みです。

外部アドバイザーによる繁岡さんの草刈り指導

 

 

 

 

 

 

 

 

0